合宿免許と宿泊の代金について

合宿免許では、ドライビングスクールの近くにあるホテルや旅館に泊まりながら講習を受けることになりますので、当然ですが、講習の期間中のホテル、旅館の宿泊代金がよけいにかかることになります。
もっとも、ある程度の人数でまとめてドライビングスクールが部屋を予約して確保することになりますので、通常の宿泊よりも、はるかに安い料金を支払えばすむというかたちになっています。

この場合の宿泊料金ですが、夏休みシーズンや秋の連休がある紅葉シーズンなどといった、いわゆる繁忙期に入校日がかさなってしまうと、通常よりも宿泊代金の水準が上がるため、合宿免許のトータルの費用も高くなってしまいます。



また、たとえば観光地にある高級ホテル、温泉のある旅館などといった、合宿免許以外の人々にとっても人気があるような宿泊施設を利用する場合には、やはりその分だけ宿泊代金は高くなっていると考えたほうがよいでしょう。



なかには合宿免許の教習のない自由時間に観光旅行もあわせて楽しむという受講生もいるため、そういう人であれば問題ないかもしれませんが、純粋に免許取得だけを考えて合宿免許に参加するつもりの場合には、可能なかぎりは費用を安上がりにすませたいものです。
その場合、まずは繁忙期を避けて、人気のないシーズンに申し込みをするというのがもっとも効率的ですが、日程上難しければ、宿泊施設のグレードを下げたり、相部屋のプランを選択したり、食事なしで自炊メインのプランにするといったことが考えられるでしょう。

免許合宿に関する情報について解説します。


Copyright (C) 2016 合宿免許と宿泊の代金について All Rights Reserved.